顔を切らずにリフトアップできる方法


若返り提供をしてくれる「リフトアップ」

「リフトアップ」という、美容に関する治療方法をご存知でしょうか?
顔の手術をすることで、 たるみを改善させてくれる治療方法です。
リフトアップをすれば、10歳ぐらい若く見える表情を作ることは不可能ではありません。
しかし、「 顔を手術する 」 という所に躊躇を見せる女性もたくさんいます。
その心配の代表が「顔にメスを入れたくない」と言うものです 。
随分前の医療技術だと、顔にメスを入れないとリフトアップ できない時代はあったかもしれません。
しかし、今の技術では切らないリフトアップは不可能ではないのです。

切らないリフトアップにはどんなものがあるのか?

・ 糸を使ったリフトアップ
最もスタンダードなリフトアップかもしれません。
たるんだところに糸を入れることで、たるみを引っ張り上げることができます。
使う糸の種類によってリフトアップの性 持続性が変わってくるのが特徴です。
例えば、「棘の様な返しがたくさんついている糸 」「 円形状のコーンがたくさんついている糸 」「 輪っかがたくさんついている糸 」。
このように、一言で「糸」といっても 様々なバリエーションが存在しています。
また、必要以上に皮膚に負担をかけないため、 仕上がりが自然なのです。

・ サーマクール
数年前から一気に注目を集めるようになったリフトアップです。
サーマクールは、糸を入れるような方法ではなく、自らの肌を刺激させることによりリフトアップを実現させることができます。
どのように自らの肌を刺激させるのかと言うと、ラジオ波を利用するのです。
ラジオ波というのは、電子レンジのロジックで使われているもので、「表面を通り抜けて、中を温めることができる」電磁波となっています。
たるみが気になる場所にラジオ波を当てると、 ラジオ波が皮膚を通り抜けて筋肉だけを刺激してくれるのです。
そうすると、その筋肉が新陳代謝を起こして伸縮を繰り返すため、自然なリフトアップを引き起こしてくれます。
「切らない治療とはいえ、顔に異物を混入させたくない」と言う人にはお勧めできる治療方法です。

PAGETOP
徹底比較ランキング