紫外線で顔がたるむの?


顔のたるみの 原因を理解していますか?

顔がどんどんたるんでしまう、、、。

そんな悩みを持っている人達が多いと思いますが、皆さん、その原因を理解しているでしょうか?

基本的には、年齢を重ねるとたるみやすいのですが、時には、まだ若いのに顔がたるみ始めてしまう人がいます。

そんな人達は、もしかしたら紫外線の浴びすぎが原因なのかもしれません。

「紫外線は、日焼けやシミを作りやすいもの」というイメージを持たれがちですが、たるみを引き起こすこともあるんですよ。

紫外線とたるみの関係について

紫外線を過剰に浴びたお肌は、カサカサになってしまいますよね?

それは、お肌が持っている水分が蒸発しているからです。

お肌は、適切な水分を保っていれば 弾力があるため、たるみになりにくいんです。

ところが、紫外線を浴びて水分が飛んでしまったお肌は、弾力がなくなるため重力に負けやすくなります。

そのため、強めの紫外線を浴びた後は、たっぷりと保湿させて弾力を保つ用にしましょう。

対策はとにかく紫外線をカットすること

紫外線の浴びすぎに心当たりがある人は、とにかく紫外線をカットする意識を持ちましょう。

一番手っ取り早いのは、日焼け止めを塗ることです。

できれば、外出先にも持ち歩いて2、3時間おきに塗り替えたいところです。

・紫外線対策のアイテムも導入しよう
日焼け止めだけではなく、紫外線対策の専用アイテムも導入したいところです。

日傘、サングラス、帽子、洋服 などなど、紫外線をカットしてくれるアイテムはたくさんあります。

特に、サマーシーズンは手放せなくなるでしょう。

だけど、紫外線は夏以外も0ではないので、入念に対策するのであれば、1年中意識する必要があります。

・家にいる時にも紫外線を意識する
紫外線対策は、実は家にいる時も必要なんです。

日当たりの良いお部屋に住んでいる場合は、意外と紫外線が差し込んでいるんですよ。

だから、紫外線をカットしてくれるカーテンをつけたり、自宅でも日焼け止めをつけるなどの意識を持つようにしましょう。

PAGETOP
徹底比較ランキング