まぶたのたるみの原因は?


意外と意識されていないまぶたのたるみ

顔のたるみが気になっている 多くの女性は、頬のたるみやあごのたるみを気にしていると思います。
だけど意外とまぶたのたるみに意識を向けていません。
まぶたのたるみは、暗い印象の顔を作ってしまいますし、 進行していくと視界が狭くなったり、 額のシワを引き起こしたりするので早い段階で気づく必要があります。
 

まぶたのたるみの原因とは?

・ 多くの場合は加齢によるもの
多くの場合、その原因は加齢によるものです。
年齢を重ねると皮膚の張りは失われる傾向にあるので、皮膚の筋肉が緩んでしまいます。
特に、目の周りの筋肉はそもそも強いわけではないので、なおさら緩みやすいというわけです。
まぶたがたるんできたサインとしてよく言われているのはウインクがしづらくなるということ。
これは、筋肉が衰え始めている 証拠です。
以前はウインクが上手く出来たのに最近やりづらくなったと感じたら注意した方が良いかもしれません。

・ パソコンやスマートフォン依存にも注意
現代らしい原因として言われているのは、パソコン依存症やスマホ依存症です。
このようなアイテムを使っているときは、表情が無表情になりがち。
頻繁に表情を動かしていないとまぶたの筋肉はどんどん衰えていきます。
そのため、パソコンやスマートフォンを長時間いじるのは控えるようにしましょう。

対策方法は?

対策方法として一番おすすめなのは、とにかくまぶたを動かすということです。
ですから、「めいっぱい目を閉じて、めいっぱい広げる」というようなエクササイズを日常的に繰り返しましょう。
また、表情を動かすことも必要なので、びっくりするような表情など、大きく顔を広げるエクササイズもおすすめです。
要するに無表情をキープしないと言うことですね。

どうしても取れないたるみは クリニックで治療をするのもあり

どうしてもまぶたのたるみが取れないのであれば、 美容整形外科などのクリニックで治療を受けるのも おすすめです。
サーマクールという治療があるので試してみてください。
サーマクールは、注射したりメスを入れない治療方法なので、 デリケートなまぶたの治療にも最適となっています。

PAGETOP
徹底比較ランキング