大阪のサーマクール導入クリニックランキング > たるみについて > たるみが現れる前に!おすすめ予防策

たるみが現れる前に!おすすめ予防策


顔のたるみを諦めるのはまだ早い

ほうれい線や頬のたるみなど、「顔のたるみは 加齢によるものだからしょうがない」と諦めていませんか?
実は、その顔のたるみは加齢だけではなく、日頃のクセや習慣が原因になっていることもあるのです。
そこで今回は、顔のたるみが現れる前の予防策を取り上げてみたいと思います。

おすすめの予防対策

・ 横向きに寝ない
寝る時には、横を向くよりも上を向いていた方が顔のたるみが起きにくくなります。
横に寝ると、たるみが起きやすくなるだけではなく、骨格にストレスがかかるので、身体の歪みにも影響が出てくるのです。
「眠る時は横を向かないと寝付けない」と言う人もいるかもしれませんが、たるみ予防をしたいのであれば、意識してみましょう。

・ 熱いシャワーに 要注意
お風呂に入る時に、熱いシャワーを顔に当てている人も多いのではないでしょうか?
暑すぎるシャワーは、肌の角質をはがしてしまうので、保湿バリアが弱くなり、肌が乾燥しやすくなります。
そうすると、お肌のハリを維持するための水分が蒸発してしまうので、たるみやすくなるのです。
ですから、シャワーの温度には気を配るようにしましょう。

・油分の多いスキンケアアイテムには注意
美肌のためにスキンケアアイテムを使う人が多いと思いますが、油分が多いものを使っていると、逆効果になることがあるのです。
油分の多いスキンケアアイテムには、イソパラフィンという成分が含まれています。
イソパラフィンは肌の艶出し効果があるのですが、 重さを持っているのがデメリットです。
それが皮膚にからみつくと、重さでたるみやすくなるのです。

・ しっかり噛んでいない
よく噛むというのは、顎の筋肉を発達させるのでリフトアップに効果的です。
ところが現代人はあまり噛まずに食事する傾向がありますよね。
また、片側ばかりで噛むのもよくありません。
片方だけで噛む癖がある人は、偏った筋肉が緊張してしまうので、使っていない方の筋肉がたるみやすくなるのです。

PAGETOP
徹底比較ランキング