あごのたるみが起きやすい女性


あごのたるみが起きやすい女性とは?

女性は25歳を過ぎたぐらいからあごがたるみやすくなります。

それは、表情筋が衰えて輪郭を支える力が少なくなっていくからです。

しかし、全ての女性がそうとは限りまん。

実は、あごのたるみが起こりやすい女性と言うのがいるのです。

・ 小顔の女性
女性にとって、小顔であると言うのはメリットの様に思われますが、 その分、たるみが目立ちやすいというデメリットもあるのです。

小顔の女性は、顎の骨が小さく出来上がっているため、タレ落ちてきた筋肉を受け取る場所が 少ないということなんですね。 

・ 太りやすい女性
あごのたるみといえば、代表的なのは二重顎です。

二重顎は太りやすい女性におこりやすいです。

あごのたるみは1度発生すると戻すのが大変なので、体重増加が長く続くのは好ましくありません。

セルライトになってしまうと、ますます改善が難しくなるので体重管理には気をつけましょう。

・ 口呼吸をしている女性
通常は、鼻から呼吸をして口から出すものですが、 口呼吸をしている女性は結構多いようです。

無意識 のところでしている女性もいるので気をつけてください。

口呼吸をすると、口がひらきっぱなしになってしまうため、顔の筋肉を使うことが少なくなるのです。

その結果、表情筋が衰えて顎が下がってしまいます。

・ 舌の位置がたるんでいる
普段生活していて、舌の位置を気にすることは少ないと思います。

これは、先ほどの口呼吸と繋がってくるのですが、 舌の位置がたるんでしまうと、自然と顎のラインが下がるため、顎の肉がたるみやすくなるのです。

口をしっかり閉じることを意識して、正常な舌の位置をキープするようにしましょう。

・よく咀嚼しない
咀嚼と言うのは、よく噛んで物を食べるということです。

現代人は、昔の人に比べるとあまりものを噛まずに飲み込んでしまう傾向があります。

アゴをちゃんと使っておかないと、顎の筋肉が衰える一方なので、顎周りに脂肪がつきやすくなるのです。

だから、食事する時はよく噛んで食べるようにしましょう。

食事していない時は、ガムを噛むなどの対策もオススメです。

PAGETOP
徹底比較ランキング